2015年02月15日 (日) | Edit |
はい、感想です。


>SHIROBAKO

アニメ制作は本当にいろんな人が関わっているんだなぁ
と思います。クリエイターというのは個性があるし、ないと

味のあるものを作れないなぁとも感じますが、あんまりに
も個性が極端で厳しいと、独自性でていいというよりは

毒自制して欲しいという感じもしますね。あの演出の人、
能力はあっても仕事が適当な気がして、監督のいる意

味が無くなってしまう。どっかで、人の文章を勝手に改
行(改変までいってなかったかな?)して、ページに収

まらないから!とかいう人がいて、その話を聞いて青ざ
めた昔話を思い出しました。


>四月は君の嘘

やはり、かをりちゃん、具合はよくないみたいで・・・。
公生はそれを聞きショックを受けるも、途中から立ち直っ

てくれて、今度はかをりちゃんを元気づけるように何かを
しようとしているところで終わった感じですね。

相座くんの妹が、初の舞台ということに、技量について
の自信はあるものの、やっぱり緊張しているところ、そし

てそれは、教えている公生も実はいっしょであったこと
などの表現がすごく良かったです。


>冴えない彼女の育て方

なんだかよくわからないうちに加藤とショッピングモール
に行くことになった倫也。ショッピングモールというおたく

にとってのアウエー(倫也の視点)に挑戦する倫也と、
いつもとかわらない加藤のやりとりが楽しめる回でした。

最近は結構これが楽しみになってきました。絵柄が結
構好きですね。次回予告がないなぁと思ったらネット配

信だったんですね。ウタハ先輩がはっちゃけちゃってい
い感じです。茅野愛衣って未だに信じられない・・・。

やっぱり茅野さんってめんまってイメージなので、あの
落ち着いた雰囲気の声は気づかなかったですね。

クリエイターの闇!の声は、声質が変わるのでなんと
なくそうだなぁとは思うのですが。


>幸腹グラフィティ

しょっぱなから、かき氷・・・。

ウナギは美味しそうだったです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック