2015年03月27日 (金) | Edit |
新年度からよれよれスーツって訳にもいかないですよね。

見ているアニメも、もう、みんな最終回ですね。

ということで、いつも通り、以下、木曜深夜アニメの視聴
とその感想です。

>SHIROBAKO

最終話、なんとか完成し、放送局に納品も放送日直前に
ぎりぎり届け、第三飛行少女隊もすべて終了し、打ち上げ

という最終回でした。打ち上げにそろったメンバーはたくさ
んいて、ああ、いたいたと思い出す人もいて、アニメ放送っ

て本当に多くの人が関わっているんだなぁと思いました。
まあ、それは、あおいちゃんも最後のスピーチで言ってま

したけど。あおいちゃんの高校時代の仲間が同じ作品に
全員関わることができたなんて、本当に素敵でした。

今回は、絵麻ちゃんがずかちゃんのセリフシーンの作画
を担当し、ずかちゃんの声を聴きながら、感動して泣いて

いるところで、前回と同じくまたもらい泣きです。ずかちゃ
ん、このあとも別な仕事も来ていたようでほんとに良かっ

た。それと、放送局への納品、遠い上高地へはワイルド
カードを用意するって・・・。渡辺さんが言っていたけども、

まさかの興津さん、音速の貴婦人!すごかった。やはり
ただものではなかった!何かってときには、頼れる総務

さんですね。ああいう人が最後いると思うと、それだけで
心強いですね。音速の貴婦人のドライブテクニックは、

あのすごい運転のあおいちゃんでもかなわないでしょう
ね。それにしてもあれで7kmオーバーはないですよね。


>冴えない彼女の育て方

11話と12話、二話分の放送で、ボリュームがありまし
た。この二話で倫也のいとこのみちるが、ゲーム作り

の音楽担当を引き受けるという筋のお話でした。みち
るの倫也への近すぎる距離に、ゲーム作りメンバーの

詩羽先輩もえりりも我慢ならないという感じで、それぞ
れの反応が見所だったかと思います。でも、やっぱり

加藤ですね。正妻の本気を見ました。「まあ、いろいろ
と思うところがあってね。」と言ってゲーム画面の作成

を本格的に手伝い始めた後、でもこれは何かするなぁ
と思っていたら、ゲームの試作画面に倫也へ思うとこ

ろを語らせるとは!冷静な笑顔がちょっと怖くてとても
素敵でした。さらに、みちるを引き込むための後押しも

するし、手伝いもするし。これで主要メンバーが揃った
というところですね。でも、お話は最終回で「俺たちの

戦いはこれからだ!」でした。まあ、初回放送の0話に
繋がるのですね。二期があればいいなぁと思います。

というか、ゲーム作りがまだルート一つしかできていな
いところで終わってしまったので、あの続き、完成まで

の話が見たいなぁと思わせる作品でした。


〉幸福グラフィティ

りょうちゃんときりん、美術学校に受かったみたいで
よかったよかった。それにしてもぶり大根がおいしそ
うでした!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック