2015年04月12日 (日) | Edit |
雨が続いて洗濯物がたまっていましたが、

やっと晴れて、洗濯をし、布団もほしました。よかったですよ!
TV録画でとりためていたものを見ました。


>ニセコイ

楽への恋心を自覚した千棘が、頑張って楽の気を引こうと
していながらも、なんとなくストレートに素直には言えない

というもどかしさ、そんなところの表現がかわいかったです
ね。以前の話の振り返りも少し交えつつ、現在の千棘の

心情が改めて確認できて、これからニセコイが始まります
よ!って感じでした。OPも良かったです!


>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

結局、主人公八幡のすべてを被るやり方で解決する手法に対
しては、彼のことを大事に思っている人にとっては、やはり悲し

く望まない手法であると思うわけで、それは本人も気づいてお
り、そこからどう変わっていくのかというところがこれからの見ど

ころなのかなぁと思いました。材木座や彩加くんがもっと絡んで
くるところも見たいなぁと個人的には希望しますが。。。


>フェイト

アーチャーの裏切りにあい、士郎と凛ちゃんはなんとかキャス
ターのところから退却し、そのあと、ほかの協力者を求めること

になり、バーサーカーのマスターであるイリヤのもとを訪ねる。
しかし、そこには、さきに慎二とギルがメッシュが現れ、イリヤ

との戦いが始まったというところで、次回となりました。やはり
動きがあるシーンとかは迫力がありますね。


>プラスティックメモリーズ

ギフティアというのは、結局、アンドロイドだから学習はするが忘れる
という機能はなく、だから忘れた勘を取り戻すということはなく、徐々

に衰えていくだけだという。でも、前のコンビを組んでいたカヅキさんの
話によれば、聞かなくてもアイラが足を引っ張っていることがわかって、

それはもともと仕事がちゃんとできていないことを示すわけですよね。
・・・ということは、アイラは、最初からこの仕事は向くようなプログラム

で作られていない!なぜ、目的に合わせて作られなかったのかは不明
だけれども、それでもひたむきに努力するアイラの姿勢は心を打ちます。

アイラの耐用年数も目前に迫っているので、司がアイラとさよならすると
きはたぶん劇的につらいんだろうなぁ。・・・っと思いつつも、ずるずると

見てしまう。シュタゲのシナリオさんなので、どこかで何かを期待しちゃう
んでしょうね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック