2015年09月06日 (日) | Edit |
「うらめしや~、冥途のみやげ」展
―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―

を見てきました。

P1100688.jpg

図録です。

芸大って入るの初めてかもしれません。

P1100664.jpg

美術館の表札です。

三遊亭圓朝のコレクションを中心とした展示ということで、
圓朝とその落語についての説明、それから圓朝の幽霊画

のコレクション、江戸の錦絵における幽霊画などと言う形で
展示されていました。円山応挙など私でも知っているような

有名な画家のものも多数ありました。印象としては、錦絵の
幽霊画は迫力があったりするのですが、水墨画のぼんやり

したほうが幽霊の怖さがでるなぁという感じですね。日曜日
で、芸大の学祭とも重なっていて思ったよりも人が多かった

ですね。それと、さらっと図録を見たのですが、p. 68の虞美人
は関羽の寵姫と書いてありますが、項羽の打ち間違い?

詳しくはこのサイトへ。

http://www.tokyo-np.co.jp/event/urameshiya/


学祭も少し回ってみました。展示物が多くて、楽しめました。
ほんとうに、そのまま市販の製品として売っても大丈夫そうな

作品から、独特な一風変わった感覚にとらわれる作品まで
いろいろありました。

P1100665.jpg

展示しているものをもう少し撮影しておけばよかった(今更)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック