2016年02月02日 (火) | Edit |
ミランとインテルのミラノダービーを見ました。

本田が先制点をアシストしていました。本意ではなさそう
ですが、サイドプレーヤーとしてストライカーというよりは

チャンスメイカーになっている感じがしました。長友の出
番はなかったです。残念です。
>ハイキュー

澤村キャプテンは脳震盪ではなく、一安心。念のための確認と
歯が折れて口を切っているため出血があり、その処置をするこ

とに。澤村と交錯プレーをした田中は責任を感じる。、そうした
田中をはげましながら、澤村の代役として起用されたのは縁下。

彼の過去のエピソードが語られる。彼は緊張しながらも澤村ほど
ではないがレシーバーとしてそこそこの働きができることをしめす。

そして、キャプテン不在の間、リードしている流れを止めずに、そ
のセットをとるためにピンチサーバーとしてジャンプサーブを武器

とする山口が起用される。一本はネットに引っかけながらも何とか
決めるものの、二本目は臆病になり通常のフローターサーブに切

り替える。つなぎきって結局はそのセットをとるものの、これについ
ては周りは失望し、本人も自身の不甲斐なさに打ち震える。第二

セットは、やはりキャプテンの穴が埋めきれず、徐々に和久南に
リードされる展開。というところで、次回。

縁下、山口のそれぞれの心の葛藤の描き方が今回はよかったです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック