2016年06月19日 (日) | Edit |
最終日となっておりましたが、行ってきました。

P1110186.jpg

あの内乱、戦乱が続いていたアフガニスタンで盗まれず
壊されずずっと秘匿されて保管されていたものが復興へ

向けて世界に公開されることになった貴重な歴史遺物を
見ることができる機会でしたので、行くことができてよかっ

たです。展示物は古いものは紀元前2000年より以前の
ものから、アレクサンドロス大王時代、バクトリア時代に

築かれた都市の遺跡から出土したもの、そして、ガン
ダーラ美術として有名なクシャーナ朝時代のものなど、

ギリシア彫刻から仏教美術まで様々なものがあり、見
ごたえがありました。

しかし、一方で、もともとアフガニスタン国立博物館に
あったものの七割くらいは内戦による破損と盗難によ

る海外流出の被害にあったそうで、戦争というものの
爪痕を感じざるを得ず、平和というものの大切さを考え

させられる機会ともなりました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック