2017年01月08日 (日) | Edit |
ほんとうに久しぶりに話題にします。

三国志大戦です。とうとう4が稼働したとのことで、かなたさんの
導きもあり少しやってみました。

P1110349.jpg

最初の1戦は無料でできるとのことで、昔、つくったアイミーカードを
引っ張り出して、、、結局、ほか3戦くらいしました。初球のコンピュー
ター戦だけですけど。

いくつか新要素もあるようですが、動かした感じは前の三国志大戦と
変わらない印象でした。ただ、長くずっとやっていなかったので、こん

なにせわしなくカードを動かすゲームだったんだなぁと改めて思いまし
た。操作しながら自分のぐでぐでな状態に、残念だとしか言葉がない

です。そして、2戦くらいすると、ほんとにぐったりしますね。せっかくな
ので、もう2戦しましたけれども(笑)。

それから、プレイするための武将カードですが、以前のように簡単に
他のひとから借りたりもらったりできなくなったみたいです。

プレイヤーとして登録している君主名(1つのアイミーカードに1つだけ
登録することができる)とその君主が所持している武将カードとが結び

付けられてゲームに記録されているようです。なので、プレイするとき
はその君主が所持していると記録されている武将カード以外使用で

きない仕組みとなっており、簡単にカードを借りることはできず、もし
他の人からカードをもらったりトレードする場合はゲームセンターの機

械を通して、記録しないとならないとのことでした。そのトレードもレア
リティを合わせないとならず、っといろいろとセガさんも長くプレーさせ

るためにあれこれと策を講じていますね。ただ、カードはその場で印
刷するオンデマンド式にしたことで、レアカードの排出はセットされた

カードの順番ではなく、純粋な確率となったため、同じ筐体で1度、S
Rが出たとしても、その次以降当分、SRは排出されないということは

なくなったので、レアカードの希望なくプレイすることはなくなったのは
よかったのかもしれません。

P1110350.jpg

レアカード2枚出ました。左慈と卞氏です。スターターを蜀のカードで
始めたため、、、群雄と魏がでてもなぁというところではあります。
(魏にしておけばよかった)

全体としてどんなカードがあるのかを知らないので、評価するのも難
しいですが、両カードともスペックとしてはそう悪くないと思います。

左慈は三国志大戦3と比べて、知力が1下がり、特技の復活がなく
なったのでスペックダウンですが、復活については将器という新しい

要素(1戦闘に手持ちの武将3人までつけさせることができる)で補う
ことができそうです。

卞氏は以前は卞皇后という名のカードだった気もしますが、曹操は
結局、皇帝ではないので表現が変えられたのかもしれませんね。
(諡号としては武宣皇后とのことで、より正確にとのことですかね)

さて、1コスの弓兵は守城の際に役に立ったりするので武力も2あっ
て、将器をつければ募兵もありと意外に使えるカードかなと。あとは

計略ですね。征圧力を下げるということですが、征圧は4から出た
新しい要素で測りかねているところであります。征圧は戦場の地

域を自軍の武将が移動していくことにより地域を勢力下に置くという
ものです。征圧地域が広がるとどうなるかというと、一定の地域を

征圧下に置くと敵軍に内乱が起こり敵城にダメージが与えられる
という仕掛けになっています。自城に引きこもったり、待つようなプ

レイを避けるための要素なのかと思います。その征圧力を下げると
なると、自軍が一旦引き、相手がカウンターというタイミングで出鼻

をくじくような使い方が考えられますが。全体号令系のオプションと
してもいいかもしれません。

レアカードも出たのでカードの引き自体は悪くなかった気もしますが、
プレイしてすぐにデッキの核となるようなカードはそうそう手にするこ

とができません。そして、カード集めのためにゲームをしていくと。。。
相変わらず、お金がかかるゲームですね。ううむ。

デッキを考えたり、戦略を練ったり、カードのかっこいい絵やかわいい
絵をみて喜んだり、楽しみ方は非常に多いゲームなのですが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック