2017年03月30日 (木) | Edit |
ここのところ、全国対戦をすると、呉のデッキをよく見ます。

弓が強くなったからなのかと思いますが、その代り、蜀の
槍中心のデッキは少なくなったような印象です。最近は、
天啓、手腕、蛮勇、麻痺矢などデッキと当たることが多くなっ
ています。蛮勇、呉夫人、周姫、呉の孫尚香は組み合わせで

入っていることが多く、コンボで来られると求心だけではうま
く対応できず、崩壊することも。。。うまく反計を使いこなして

素武力で押すような形にもって行きたいのですが、弓隊への
距離が遠く、各個撃破され足並みが崩れたりして、、、騎兵を

相手の槍兵に刺さらないようにと止まるのが手前過ぎて、のろ
のろと近づいている間に弓の集中砲火をくらい、相手の槍をよ

うやく消して乱戦を始めるころには瀕死になっており、すぐに
撤退。それが一体ずつやられて、そして誰もいなくなる。。。

ちゃんと一隊をつぶしながら、他の隊で突撃を行う形にできる
ようにしないとなりませんね。それと、求心を打つタイミングで

すね。焦っちゃったりすると早すぎる時があって、、、反計をす
る士気がなかったりします。また、そもそも李典や劉曄が倒さ

れていたりすることもあるので、もう少し全体的な戦い方を考
えてやらないと勝てないと感じています。ただ、劉曄の反計、

士気6は少し重い。おかげで求心を発動できなかったりしたこ
とがありました。反計略をするかしないか、戦況によってその

辺も考えどころですね。デッキそのものに対応力はあるはず
なので、求心デッキで戦いきれるようにしたいなぁと。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック