2017年07月12日 (水) | Edit |
暑い日が続いていますね。。。

『高慢と偏見』の第二回を見ました。

主人公エリザベスは自分の前に現れた、三人の男性に
ついていろいろと思い込みを持ってイメージをつくってい

く。この主人公の姿を見ながら、人が偏見を持ってしまう
構造というのを、番組はうまく解説していました。

やはり、偏見を持たないように、人と接するに当たり、す
ぐに人物について想像を働かせて勝手なイメージをつく

らず、いろいろと会話をすることが重要なのかなと思い
ました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック