2017年09月06日 (水) | Edit |
今日も劇的でした!

8回裏に同点に追いつき、延長戦11回裏にサヨナラ!
マジック10となり、優勝にぐぐっと近づいてきました!

>100分de名著 『全体主義の起原』 1

月曜日が最初の放送なのですが、、、いつもながら、録画で
見ております。今月の本は『全体主義の起原』です。

ハンナ・アーレントのこの本は読んでみたいと思ったことは
ありましたが、分量と難解そうな気がして、手を出さないで

おりました。番組で取り上げてくれたので、これであらすじと
見どころがわかるという(ちゃんと読め!という話ですが…)

第1回では、第1巻の反ユダヤ主義をとりあげていました。
異分子排除のメカニズムについて、近代国民国家が形成

され、民族主義が求心力を高める中で、ユダヤ人がいかに
排除される対象となっていったか、ユダヤ人陰謀論などと

ともに丁寧に説明されていました。人間の日頃の不平不満
が、理由を得て(客観的に見て正当とも思えないものであっ

ても)、そのはけ口としてある対象に向かっていくとき、人は
恐ろしいほど不寛容で攻撃的になり、憎悪とともに残虐性を

もつということがわかり、本当に恐ろしいことだと思いました。
また、このことは過去のことではなく、現在のことにも、人間と

いうものの負の可能性を指摘しているという点で、知っておく
必要があろうとも思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック