2018年02月12日 (月) | Edit |
東横線の反町でした。

東海道、神奈川宿の老舗料亭の割烹田中家が飲み屋に
行く前に紹介されていました。幕末維新の偉人たちの写
真がずらりと、、、すごいですね。

飲み屋さんは、炭火やきとりの鳴門というお店でした。
創業60年。雰囲気のある店構え。牛もつ煮込み、あった
まりそうで、よく煮込んであるとのこと、おいしそうでした。

この日は寒かったようで、吉田さんはビールの後は茜霧
島のお湯割りをたのんでいました。やきとりも特製から味
噌たれがお店の自慢の味だそうで、食べてみたいですね。

店主は中華料理店で働いていた経験もあるそうで、炒め
ものもいけそうでした。ハイボールとあわせるといい組み
合わせですね。焼きおにぎりも具だくさんでこれはあまり

みないですね。これだけで満腹になりそうです。味もしっ
かりしてそうで、常連さんはこれを食べると営業の仕事が
うまくいくとのことで、勝負めしとのこと。重要な一仕事あ

る場合、行って食べてみてもいいかもしれませんが、、、
ちょっと遠いなぁ。前の職場だったら、行ったかもしれま
せんが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック