2018年04月16日 (月) | Edit |
東京のど真ん中、小川町でした。

お店は、神保町から神田へ、かんだ串亭というお店でした。
新潟の地酒もそろっている感じでしたが、琥珀ヱビスの樽生、

吉田さんは先にそれを注文していましたが、おいしそうでした。
いいなぁ。料理もおいしそうでした。さつまあげ、鯵のなめろう、

それにあわせるのは鮎正宗の生原酒、辛口のお酒。ほっこり
顔でした。看板料理の串は、かも。そして越乃寒梅。

神保町に行くときには寄ってみたいお店ですね。とくに、新潟
のお酒が。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック