2013年10月25日 (金) | Edit |
サムライフラメンコ第三話、見ました。

三話の最後、モデルの仕事をしている羽佐間君のマネージャー
の目を欺くためにサムライフラメンコを演じた後藤さんのセリフ

「やべぇ、これ、すげぇ気持ちいいー」

capture20131026001.png


をもじらせていただきました(杉田さんやっぱり最高!)。

倉田さん、マングローブさん、面白い番組をありがとうございます!
(今期は『神のみ』に続き、『サムライフラメンコ』を視聴
させていただきます)

面白かったです。

羽佐間君ではない、偽サムライフラメンコ(以下フラメンコ)
が登場して驚きの回でした。サムライフラメンコの正体を探

れというTV番組のコーナーも企画されるほど、注目されるよう
になったフラメンコ。しかし、突如、そのフラメンコが羽佐間

君が出演するTV番組に登場。当然、羽佐間君ではないので、
それは偽物のフラメンコ。その偽フラメンコとは、羽佐間君の

憧れのヒーロー、レッドアックスの要丈治さん。要さんが突然
フラメンコを名乗りだした動機は述べられてはいないものの、

世のヒーローの座を明け渡したくなかったのか、はたまた、人
気も衰えていた(要さんのもとにファンレターがこんなに来た

のは久しぶりというシーンがあるので)ために再起をはかった
売名行為?あたりかと思われます。。。

さすがに羽佐間君も憧れのヒーローにそんな行為をされて、
ショックを受けてましたね。結局、要さんに果たし状をだし、

一言物申すということになり、友人で警官の後藤さんの立ち
合いで果し合いはなされました。

どうやら、要さんの言い分は、腕っぷし、知名度から言って
世の正義のヒーローに相応しいのは自分であるから、今、

世の中をにぎわす正義のヒーロー・サムライフラメンコは自
分が名乗るべきである!と、唖然とするような持論を展開!

常人には理解できない論理で、その名を譲れいう。羽佐間
君もさすがにそれはできないので、憧れのレッドアックスが

フラメンコを名乗るなんてレッドアックスの名を傷つける行為
であると、相変わらずコテンパンに殴られながら説得をする。

その言葉打たれたのか、突然、要さんは涙して「好きだー!」
あまりの超展開に?が止まりませんでしたが、どうやら、要

さんの脳内で、羽佐間君は弟子になり、要さんの後を継ぐ、
「二代目」フラメンコになったようです。後藤さんが要さん

の言葉と二人のやり取りに突っ込みを入れていたのが笑え
ました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック