2014年01月11日 (土) | Edit |
毎度毎度ですが、タイトルが多すぎて抑えきれません(笑)。

見たものの感想をちょっとだけ書きます。

capture20140114001.png

『ニセコイ』の千棘

『のうりん』は農業系ギャグアニメでした。ラノベ原作なのかな?
ギャグにエロはつきものと割り切ってしまえば、斎藤チワさんの
暴走キャラも許容できるかなと。その辺を飛び越えられるかどう
かで見る人を選んでしまうかもしれない。個人的にはゲームの
『キャプつば』の「吹き飛ばされ」を見てうけた。

『wake up girls』はアイドルもの。登場キャラクターが多い割に、
不親切なことに紹介テロップがない。どうやら、以前に公開された
劇場版とやらをみないとわからない作りになっているらしい。また、
この話にパンチラはたぶん不要、むしろ逆効果。

『魔法戦争』は学園ものかと思いきや、ファンタジーものか?(タ
イトルで気づけよって!)話のテンポとアクションはよかった。世界
観はこれから説明していく感じなので、これからの展開次第。

『ロボットガールズZ』はスーパーロボットが女体化したギャグもの。
久川さんのあしゅら男爵がかわいいと思ったら見れる。それと、東山
奈央ちゃんのパペットはよかったかも。でもあのテンポのギャグでは
30分ものだと長く感じる。

『ニセコイ』は学園ギャグラブコメもの。これは漫画原作?雰囲気とし
ては『貧乏神が』に近いものを感じるギャグ。個人的には好きな部類。
ヒロインが艦これの金剛に聞こえたが、それは空耳?帰国子女と言え
ば、もはや定番になりつつあるのか?(もちろん、私は東山奈央ちゃ
んを応援しております。今期はメインキャラの声役多いですね。)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック