2014年07月28日 (月) | Edit |
今回も、面白かったです。


恋愛シュミレーションゲームもあれだけ入れ込んでプレイしてくれたら、
製作者が泣いて喜ぶのではないでしょうか。でもまさか、主人公の恋愛

を助けてくれる友人の友田くんが報われる話を描こうと思いついて、すぐ
に描けてしまうなんて、ほんと漫画家はすごいなぁと思ってしまいます。

結局、主人公とのBLな話を描くことになったなんて落ちでしたが。。。
ゲーム内では主人公のお助けキャラとしての役割で登場し、主人公との

かかわる部分情報だけをもとに友田君の恋愛可能性を考えるとなると、
帰着としてはそうなってしまうような気もしますが。でも、翌日にその原稿を

みた千代ちゃんが固まった姿は印象的でした。


Bパートは野崎君演ずる梅子さんの登場でしたね。あの声で「ぴょん」とか
言われると、それだけで笑ってしまいます。合コンの数合わせを頼まれ、

安請け合いしてしまったみこりん、、、実は合コンなんてやったこともなく、
勤めを果たせられるか不安になり、野崎君に相談。梅子さん(=野崎君)と

千代ちゃんの協力のもと、予行演習をするも、練習にならず。結局、イケメン
の鹿島君(女)に代役を頼むことに。合コンに鹿島君がいくとなると、案の定、

女の子たちは鹿島君にぞっこんとなり、合コン参加者の他の男子メンバーは
置き去りにされるという落ちでした。見どころはみこりんの「なんであんなこと

いっちまったんだよ~」っと情けなく座り込んでいるシーン(かわいい)と、予行
演習で野崎君が自己紹介の場面でみこりんにたずねた言葉「御子柴さんは、

ずっと女子高で?」ですね。


次回は、野崎君の漫画担当の編集さんが登場するみたいです。楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック