2014年08月11日 (月) | Edit |
見ました。今回も楽しかったです。

みこりんの出番がなかったのが少しさみしいですが。。。

バスケ部の若松くんが登場して、OPで出てきている主要キャラが
すべて出てきたことになるのかと思います。

Aパートは若松くんが登場!するお話。

結月が人とは違う感性を持っているとは言っても、若松くんの行動は
嫌いな人に対する態度というよりも、どう考えても好意を寄せている

相手に対する行動をとっているのですが、参考にしたのが野崎くんの
漫画という・・・。さらに、不眠症の若松くんが結月(声楽部所属)の声

とは知らず、その歌声の音源を聴いて、不眠症が解消され、その声の
虜になった。しかし、野崎くんは、その声の主を若松くんには伝えること

ができなかった。いや、できるわけがないですよね。それにしても、、、
結月はもはやバスケ部の助っ人でもラフプレー対応として鍛えるための

練習相手でもなんでもなく、ただ単にコートを荒らしているだけのような気
がしますが。

Bパートは野崎くんが病気で倒れて、みんなで原稿を手伝う話。

野崎くんからのSOSのメールを見て、てっきり原稿が間に合わないので
緊急に手伝うのかと、みんな勘違いして、墨汁を持って集まる・・・。

確かに、病気で原稿のトーン貼りが終わっておらず仕上がっていない
ので、原稿もピンチではあるのだったりします。しかし、千代ちゃんと

堀先輩は、それぞれ、べた塗りと背景描きしかしたことがなく、困ってい
たところ、若松くんが手の器用さを発揮し、トーン貼りをすることになり

ます。それで、うまく行ったかなと思いきや、堀先輩の指示で選択した
トーンがことごとくシーンにそぐわないものであったたため、結局、野崎

くんは描きなおすことに・・・。手伝わない方がよかったのでは!野崎くん
がすごいのは、ここでも冷静に「描きなおすか」と言うところ。大物です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック